こっけいせつ/国慶節

2013-09-30 00:00

应该给能用一门外语撰写文章的图书馆员评职称。——王迎春

         通讯报道: 用事实说话;

  

             こっけいせつ/

每年の10月1日中華人民共和国の国慶節である。
解放前、わが国は半殖民地的、半封建的な社会であった。勤労人民の生活は非常に貧しかった。
中国共產党人がマルクス主義、レ—ニン主義理論を中国革命の具体的な実際に結合させて、半の世紀の艱難なみなみならぬ闘争と努力の払った結果に亘って、ついに、帝国主義、封建主義と官僚資本主義と言う三つの大山の反動政権がくつがえされて、ついに成功して新民主主義革命の胜利を胜ち取った。ですから1949年10月1日物故になられた指導者の毛沢東主席は天安門で中華人民共和国の成立を厳かに宣言した。新中国が生まれ、中国人民は立ち上がった。そして勤労人民が国家主人公になった。
解放後、わが国の社会主義革命と社会主義建設は急速に発展し、人民の生活水凖もたえず高まっている。
特に1978年12月18日「中国共産党第十一回中央委員会第三次会義」がペキンで胜利に行なわれて開かれた。
会義には全党の重点仕事と全国人民の注意力を階級闘争から社会主義現代化の建設に転移させておくのと決定された。高校、大学入学の考試/試験制度の恢復、開放改革、四つの現代化を実現する。中国共産党第十一回中央委員会第三次会義は党と国家歴史の新しい篇章/編章開けて、わが国の建国して以来、吾が党の歴史的には深遠な意義を持っている偉大な転変することです。
鄧小平は「何か硬い道理か。発展こそは固い道理だろう」と言われている。
中国共産党第十一回中央委員会第三次会義も中国の方方面面に巨大な変化をもたらすばかりでなく,国民の生活が日ごとによくなってくるので、歴史あって以来、中国人民には初め一番(幸わせ)幸福な暮しを送っている。
1992年9月1日 鄧小平は『中国共産党第十二次全国代表大会義の開幕のスピ-チ』の中で、先ず「マルクス主義の普遍の真理中国の具体的な実際と結合させて、自己の道を創立して,中国特色づける社会主義の国家を建設する。」と提出されていた。更に人民の生活水凖をも豊かにたえず高まらさている。
わが国の体制はマルクス主義、レ—ニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論研究、江沢民三つの代表、胡錦涛科学発展観が,一脈相でんすることです。
現在、わが国の国民が みんな 国家からは「中国特色社会主義の偉大な旗じるしを高くかかげておりまして、鄧小平理論、三つの代表の重要な思想、科学発展観で 指導としては 思想解放、開放改革、力量凝聚、克難攻堅,しっかりして動摇せずに中国特色な社会主義道路を步んでいく,小康という社会のためな建成が完成できるように奮闘せよう。」と呼びかけにこたえている。

、私たちの偉大な社会主義祖国は习近平同志を始めとする党中央の指導のもとに、中国特色な社会主義道路にそって步んでおり、小康という社会を一日も早く実現できるよう国をあげて、努力している。

 
(小康:家の経済状態がまずまずである,やや裕福である.社会がしばらく安定している状態。)
 
撰译者系36年学校工作;30年图书馆工作的最优秀馆员王迎春
匆忙撰译於2013年9月30日晚间21:27时置于本工作岗位上宣出

点击微信扫一扫

星期日 星期一 星期二 星期三 星期四 星期五 星期六
29
30
31
1
2
3
4
 
 
 
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
 

最近留言

没有数据
扫描二维码访问
欢迎使用手机扫描二维码访问